読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のかけら

宝塚とか自転車とかその他についてのユルい記録

エレカシについて

エレカシ

突然ですが、私はエレカシエレファントカシマシ)が好きです。

当ブログのタイトル「夢のかけら」はエレカシの歌のタイトル。

URLはその歌詞から引用しました。

誰も気づいていないと思い、カミングアウトします。

 

エレカシとの出会いは

ロックインジャパンフェス2002あたりで、

私自身、初めてのフェスでしたし

初めてメジャーなアーティストのライブというものを観たのもその時でした。

「ガストロンジャー」「悲しみの果て」「昔の侍」など、初心者には衝撃的で、

かつ、母性本能が激しくくすぐられるvo.宮本浩次の存在が忘れられなかったです。

それからエレカシのCDを聴き、ライブに行くようになりました。

ファンクラブに入っていたこともあります。

野音のチケットにはずれて、やさぐれてファンクラブは更新しませんでしたが…)

 

ライブやフェスに欠かさず2004~2009年ぐらいまでは行っていたと思います。

エレカシがEMIにいた頃でしょうか?アルバム「風」「町を見下ろす丘」などの頃

レコード会社に見放され期(※平井堅さんが自身のキャリアをこのように振り返っていたのを引用しました。実際はどうかわかりません。)から

ユニバーサルに移籍するんですが、一気にCMタイアップ曲をリリースしたり

PVが豪華になったり特典があったり、プロモーション活動の最中に女性DJと喧嘩したり、世間をにぎわせつつ再ブレイクしていた頃でした。「STARTING OVER」「昇れる太陽」あたりですね。

 

しかし、私自身の環境の変化で生活や交友関係が変わり、徐々に、エレカシから離れてしまいました。

その間、星野源さんや細野晴臣さんらにハマり、宝塚にもハマりました。

(偶然、25周年新春ライブ@さいたまスーパーアリーナには行きましたが…)

 

宮本浩次突発性難聴を発症してしまった時も

野音でアコースティックライブをやったそうなんですが、それもどうせチケットがとれないだろうと諦めていました。

 

それと、なんというか、リリースする曲にそんなに…惹かれなくなってしまったのです。

これが飽きたということなんでしょうか。

 

しかし、最近、初期衝動を思わせるような歌を聴いてしまい、久しぶりにワクワクしました。

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

 

 ①夢を追う旅人 ②i am hungry

①も素晴らしいですが、②が最高です。

「侠飯(おとこめし)」というドラマのOPに使われるらしいという事で

リリース前にドラマを見たところ、かっけー!!!!となりました。

 

たまたまツイッターで見つけた

spice.eplus.jp

この記事(注意!長文です)を読んでテンションが上がりました。

文章読んだだけで、うわぁ聴きたい!!!!っとなり、

久々に「発売日に初回限定盤を購入する」という行動に出ました。

 

②i'm hungry はPVがないので貼り付けられる音源がないのですが…

ドラマもなかなか。とっても美味しそうな料理が出てきてマネしたくなります。そして人生について少し考えさせられ、元気をもらえる良いストーリーだと思います。

しかし、高畑バカ息子が出演しているので、DVD化はないかもしれません。

 

※補足

容疑者出演シーンがカットされてDVD化されるようです!

 

 

久しぶりにエレカシのライブに行きたくなりました。

フェスもいいけど、短時間すぎてフラストレーションがたまるので

やっぱりワンマンに行きたい。

 

という、エレカシへの熱くてユルい想いをつづってみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

初心者がクロスバイクを買う その3

自転車

 

nekotousotsuki.hatenablog.com

nekotousotsuki.hatenablog.com

 

続きです。

…なんか前回から時間があいちゃって、

どんなテンションだったっけか?いろいろ忘れそう…泣

 

前回、メーカーはビアンキにしようと思った所まで書きました。

ビアンキの自転車について調べてみてわかったこと。

①あのエメラルドグリーンはチェレステカラーという名称がついている
②欲しいと思った車種が店頭においていないことがある。
納車待ち当たり前。

 

チェレステカラー

チェレステカラー - Google 検索

ビアンキを象徴する色といわれており、

イタリアの空の色からきてる、とか、

自転車を献上したマルガリータ王女の瞳の色をイメージした色、とか、

戦車に塗装する塗料が大量に余ったのでそれを薄めた説とか、

毎年微妙に色が(あえて)違っている

とか、いろんなエピソードが多い色のようです。

こだわりの色という点に惹かれまして、車種は未定だけど

チェレステカラーでいこう、と決めました。

普通にいい色だと思います。

印象的なのに控えめだったり、清涼感がありつつかわいい。

性別を選ばない所もポイント高いですね。

 

②サイクルショップというのはもともと在庫をそんなに置かないそうでして

カタログを見て、「これが欲しい」といったところで

すぐ入荷するなんてことはないんだそうです。

たしかに、素人でも入りやすい自転車屋さんであまりビアンキの自転車を

見かけたことがないような…いや、気付かなかっただけかもしれませんけどね。

 

ということで、とりあえず、サイクルショップに行って

店員さんに購入を検討している旨を伝えない事には何も始まらないようだ

と、やっと理解し始めるのです。

 

そこで、次の関門がやってきます。

お店探しです。

これは本当にハードルが高かったですが、

今回、勢いでなんとか行ってまいりました。

 

長くなりそうなので、また次回へ続けようと思います。

 

初心者がクロスバイクを買う その2

自転車

 

nekotousotsuki.hatenablog.com

 

クロスバイクを買おうと決意しましたが、

さてどこで何を買おう? 

ネットで調べると情報量が膨大すぎ、

店舗に行くと置いていない。

自転車選びは初心者にとってはハードルが高いです。

 

上司が乗ってることもあり、

オシャレに見えたのでなんとなぁくルイガノでいいかなぁと思うように。

ただ、色がなぁ…

ピンとこなくて。

店頭で見た車体の塗装がマット仕上げだったり…

ネットじゃそこまでわからないですし、

絶対店頭で実物を見て決めたいと思ってる半面、

プロショップは敷居が高くてなかなか入りづらい…というジレンマ。

 

そんなある日、

情報収集のため本屋で自転車本を適当に探している時に、この本に出会いました。

f:id:sunnyy:20160801003835j:image

そうそう、メンテが自力でできるのかな…って心配だったから、

こんな本あったら便利だよねぇ〜!

 

パラパラと立ち読み。

写真に出てくる自転車の色がなんかかわいいんですけどっ!

この本の中で使われてるのがビアンキのローマなんですね。

素人的発想で、この本に載ってるのと同じ自転車を買えば、

メンテナンスがスムーズに行くだろうなぁと思い、

ビアンキの自転車にしようと決めました。

単純!

でも、きっかけとしてはアリじゃないですか???

 

ここでメーカーが決まりました!

 

そして、次回へ続きます。

 

初心者がクロスバイクを買う  その1

自転車
クロスバイクを買いました。

買ったのはビアンキのカメレオンテです。

用途は主に、通勤用です。 (通勤時間5分なんですけどね…)

せっかく高いお金を出して買ったし、思い入れがあるので大切に乗りたいと思っています。 もったいなくて、雨の日は絶対外に出したくありません。 7月は結構雨続きだったもので、結局まだ数回しか乗れてません。

そもそもなぜクロスバイクなのか?

姉夫婦の影響があります。 姉夫婦が自転車ライフをとてもエンジョイしておりまして、 GIANTのクロスバイクに乗っている事とか、(旦那さんはロード) ヘルメットはこんなのを使ってるよ、 だとか、ドイターのリュックが良いんだよ!等々日頃から聞いていました。

ママチャリがパンク

そして、5月のある日、通勤用に5年間乗っていたママチャリが、パンクしました。 このママチャリ、1万円ほどでイオンバイクで買ったブリヂストン製ので、 1年に1回の頻度でパンクする事や(その都度、自転車屋へ持ち込み、修理をしてもらいます。 タイヤが破裂してタイヤ交換した事もあります。)、 5年も乗ってボロくなってきたし、減価償却できたのではないか?と、買い替えを意識するように。

思えば、家と会社を往復するだけの毎日。 寄り道する場所もコンビニぐらいしかありません。 マイカーがないので、休日は家に引きこもりがち。 ボロいママチャリではお出かけしたくないし… 出かけたくなるような自転車があれば、毎日楽しくなるかな…?

そして私は姉の自転車を思い出します。 次の自転車はクロスバイクなんてどうだろう?

よし、クロスバイクを買おう!

ここに、自転車探しの旅がスタートするのです。

次回へ続く。

ムラ遠征記 宙組エリザベート 感想編

宝塚

nekotousotsuki.hatenablog.com

前記事の続きで、感想を。

7月24日(日)11:00~の回を観劇。

エリザベートという作品を今回初観劇しました。 映像では何度も拝見したことあります。 ナンバーも他のどの作品より覚えていると思います。 きっと、劇場内で観劇してる人ほとんどが、既におなじみなんだと思うんです。 そして満を持しての宙組キャスティングという事で、 あらためて目の前で演じられてる一瞬一瞬に感動してるんじゃないかと思いました。 私はそうでした。

お一人ずつの印象を。

みりおんのシシィ

やはり、シシィは花總まりさんのお手本ありきで、 それに忠実にシシィを演じられているのか? みたいな視点で見てしまいます。歴代のシシィ達を。 (曲がった解釈で不愉快に思われる方がいらっしゃったらすみません) 今回も、みりおんシシィを最初はそのような視点で観ておりました。 しかし、途中から、花總まりさんの存在は消え、 完全にみりおんシシィになってる事に気付きました。 圧倒的な歌唱力と、細やかな演技力で、少女から皇后まで演じ切っていて、 もはや凄みを感じます。 集大成なんて言われると、ドキッとしますが、もっともっと、みりおんの凄みを見せて欲しいです。

そしてまぁ様トート。

今回は太陽のような笑顔を封印して、歌い方も少し変化を付けて、 まぁ様のアダルティーな魅力が満載でございました。

まず、これまでのトート閣下のイメージが一新されてます! ビジュアル面では、黒髪のストレートロングに、フィット感のあるお衣装で 今までの死神感が払拭され、スタイリッシュなトートに。 これまでの「不気味さ」を演出するヘアーやメイクも削ぎ落としたような… ポスターはちょっと昔のトートに近いなと感じましたが、 舞台上ではメイクの力を借りないオーラでもって演じている気がしました。 演技的には無機質な感じがなく、血の通った生身の人間のような妖艶さがありました。 色でたとえると、今までのトートが白とか黒のイメージだったとしたら、 新トートは、赤・紫・黒といったイメージでしょうか?

ルドルフ

桜木みなとさんバージョンでしたが… リトルチェリーのイメージが強いフェアリー系の男役さんで、 どうなるのかなぁと思っていたんですが いやー、泣きました。ルドルフの場面が一番悲しかった。 「闇が広がる」さ迷えるルドルフの苦悩が歌われている個人的に大好きなナンバーで、 トートとの身長差もガチッとハマってました。 男役としては小柄な方ですが、そこが、少年から青年へと成長する間の繊細さをうまく出せてたような気がします。 そう、繊細な感じ。 ルドルフを失ったエリザベートの悲しみも一層深まりました。

真風さんのフランツ

最初、金髪の若い皇帝姿が新鮮でしたね。 途中からヒゲを蓄えるんですが、やっぱり真風さんは髭が似合います〜 みりおんの相手役をやるのを初めて見たのでそれも新鮮でした。 ルキーニの方が合ってるのに!と最初は憤慨しましたが 真風さんの持つおっとり感がフランツの人間味をうまく醸し出していたと思います。

マダムヴォルフのうららさん。

最高にどハマりでした。 低音なナンバーをドスを効かせて歌う姿、カッコ良すぎます! 姉御肌的な役が意外と合ってる気がします!

ヴィンディッシュ嬢の星吹 彩翔さん。

こんな歌ウマで、目力のある娘役さんいたのか?としらべちゃいました。 病院でのエリザベートとの静と動の対比が素晴らしい。

あと、ルキーニ!

愛ちゃん、もっとのびのびと自由に演じたらいいと思う!

まぁ様が歴代のトートとの違いを出すのが大変と感じていると話されていたように、 愛ちゃんもルキーニを演じることにプレッシャーを感じているのかもしれないですよね。 でも、ルキーニの所作っていうんですかね、歩き方とか、姿勢とか身のこなしとか ラフで、とってもワルい感じが出てて、良かったと思います!

ちなみに、2幕の写真撮影のアドリブは、 「2列目の水色の服のねーちゃんキレイだな」でした。 となりにいるのは彼氏?旦那さん?こんな美人な奥さんでいいね~と、 隣のメンズの事もいじってました(笑)

***

宝塚に興味を持ち始めた頃、

「いつか宝塚でエリザベートを観劇したい!」

と思っていた夢がかないました。 しかもまぁ様の宙組でですよ…?! なんも言えねぇ(北島康介)ですよ…

ムラに行って数日経っているのに、 まだ夢の中にいるような、魔法にかかったような ポー―――っとした状態で仕事に行ったり、ご飯を食べたり日々過ごしています。 私はディズニーランドにあまり行かないんですが、 きっとディズニーを夢の国という人たちと一緒で、 宝塚は私にとっての夢の国なんだなーと気付きました。

東京エリザのチケット争奪戦にて、 友の会先行で落選してしまい、負けムードが漂っていますが いまだ、プレイガイドのチケットにはエントリーし続けております。 チケキャン上では高値で取引されることが予想されるので、 定価でとれなければ諦めるかもですが。

それと、全ツの先行に落選してしまったので、プレイガイドで申し込む予定です。 HOT EYES!はもう1回観たいなぁ…

ムラ遠征記 宙組エリザベート

宝塚

観劇のレポートというよりも超・個人的な旅の記録となっております。

1.交通手段

●行きは地元駅からJRで東京駅→東京駅八重洲南口より高速バスで宝塚駅前へ

●帰りは宝塚から阪急線→三宮からポートライナー神戸空港より飛行機で地元の最寄り空港へ という変則的な0泊2日の強行スケジュール。 ま、北関東に住む身としては、ムラへはいつも強行するしかないんですが泣。 今回は日曜の公演だったので時間がなく、復路は飛行機で。

気付きましたが、飛行機意外と快適でした♡ 神戸のポートタウンもなんかね、景色が気に入った。空港のそばだからかな?海外っぽくて。 三宮でゆっくり観光、買い物、宿泊するのもアリかなぁと思いました。

2.食事

すみません、細かすぎて… (みなさん、どうされてるんですかね?)

朝7:30に宝塚駅にポンッと降ろされたので、バスの中でたべれなかったおにぎりを、大劇場と音楽学校を背にして時々走る阪急電車をを見ながら武庫川の河原でもぐもぐ… こんな景色を見ながら↓ (そういえば、「生」の文字がなかったような気がする…)

その足で宝塚南口駅のルマンでサンドイッチのフルーツミックスサンドセットを購入しまして、幕間でいただきました。

2度目のルマンでしたが、やっぱりタマゴサンドのクオリティはネ申だと思う!

また、開場待ちのあいだには、念願のジェラートをいただきました! (前回のムラは冬のため、ジェラートは断念しちゃったので…) マンゴー味♡ ラダメスまぁ様を眺めつつ、美味しくいただきました。

3.買ったもの

右からパンフレット、メモ帳、クリアファイル クリアファイルはなぜか毎回買っちゃいますね。 今回初めてメモ帳に手を出してみました。日常的に使いたいシリーズとして。ふふ。

チャーム(¥1,900)もすごく惹かれたんだけど… 最近私服が女子女子した格好からスポーティーな感じにシフトしてるので、出番がないかもと思い、断念。少し前なら買ってたと思います。 ハプスブルクの紋章と、シシィの髪飾りでおなじみの星形がついててね…って説明してたら欲しくなってきた…(。´ωก̀๑)

あっ、いつも買ってる主題歌CDは発売前だったので、買えなかった…(。´ωก̀๑) 東京宝塚がもし見れたらその時買おう。

宝塚じゃないけど買ったものもう一つ。

三宮の駅で蓬莱551を見つけまして、豚まんを…♡ 好きなんです、551の豚まん。 東京にも美味しい豚まんのお店があるのは知ってるし、横浜中華街なんかでもこだわっちゃう派なんですが、 551には勝てない! 本っっ当、美味しいですよね♡大好き♡

4.感想

次回へ続く。

えーーー!書かんのかいっ!

感想も含めるととてつもなく長くなりそうなので一旦ストップしておきます。 改めて感想のみの記事を作成しようと思います!

ヅカ活動報告

宝塚

今年に入ってヅカにまつわる事を全く書いていないので、 振り返りながら書いていこうと思います。

(すみません、下書きにずっとあったのを 手直しして本日UPしてますのでつじつまが合わない部分があります。 ご了承ください。)

■7月・宙組エリザ大劇場で観劇決定!!

宙組エリザにまぁ様トート! これを見ずに死ねるかー!ということで チケット争奪戦に参加し、友の会2次先行で見事に落選… そこで、奥の手チケ◯ャンを初めて使ってみました。 無事に落札! 来月、まぁ様トートにお目にかかれます♡ ありがとうチ◯キャン!! 早くムラへの交通手段を押さえなきゃ!

ここから時をさかのぼります…

■5月・るろ剣 ライブビューイング観劇

自分にとって初雪組観劇からのー、 初ライブビューイングでした。 どーーーーーしても見たかったので、 あえて地の利を活かし、北関東にある某TOHOシネマズでエントリー。 結果、見事に当選! 車で1時間ほどかけて、片田舎のシネコンに馳せ参じました。 空席だらけなのか?!いう心配をよそに、蓋を開けてみれば、ほぼ満席の映画館! こんな田舎にもヅカファンがいたんだ!という事に胸が熱くなりました。 声はかけませんでしたが、周りの皆さんの事を、同志だと思っていました。

肝心のるろ剣の感想ですが

いやぁ… たまらんかったなぁ。 ストーリーはもちろん面白かったし! ちぎみゆの安定のかわゆさも良かったけど、 雪組の男役の色気にやられっぱなし。 特にだいもん、斎藤さんの彩風咲奈様、 紫乃森さんの月城かなと様。 すみません、雪組さん初観劇なもので一人一人お名前が覚えきれてないのですが… どなたも素晴らしかったですっ! 大湖せしる様の役もどハマりで、これで退団なんて…と残念な気持ちでいっぱいに。 とても舞台映えのする美人さんなので、きっとネクストステージでもご活躍されることでしょう!

それにしても、「絆」パフォーマンスとか、雪組さんはみなさん団結力があって素敵ですね♡

悪・即・斬の歌が頭から離れなくて、 しばらく、悪・即・斬が脳内BGMとなっていました♪

■3月・日比谷でほったい!

■1月・初ムラ! まぁ様のシェイクスピア/HOT EYESを観に行きました。 通常はムラのチケはスルーするのですが、どーしても観たかったんです! なので、友の会先行でチケゲット。 普段はA席ですが、今回はS席で。

とっても寒い中、防寒具で着ぶくれした私は阪急宝塚駅に降り立ちました。 時間があったので、橋を渡って宝塚南口駅まで行き、ルマンでサンドイッチのミックスセットを買いました。 (行くべき店を事前に調べたのです) そして、日比谷より広いキャトルでお買い物をして、お土産やさんのでかさに驚きながら土産を物色したりと、大劇場を「まるでテーマパークのようだわ!」と感激しながら開場を待ちました。 (キャトルでまぁ様の卓上カレンダーを買いました)

そして、座席に着いたら、周りの人がざわついてて気付きました。 轟さんが観劇にいらしていたのです。 パーカーをさらりと着こなしていて少年のようなんですけども、リラックスした中にも品があって… あんな大人になりたいです…。

さて、いよいよシェイクスピアが始まりました。

オリジナルストーリーという事で、ついていけるのか…?と、期待半分不安半分でした。 劇作家シェイクスピアの生涯を通して描かれる夫婦愛の中に、笑いあり涙あり喜びありと盛りだくさん! もう、生田大和先生最高です!! シェイクスピアの作品の要素が随所に散りばめられた彼自身のストーリーになっているんですね。 シェイクスピアの作品をあまり知らなかったんですが、もっと見てみたくなります。

また、それぞれのキャラクターがどれも愛すべき存在で、ハッキリ言って、悪役がいない。 見た目は威厳があるんですが、茶目っ気をチラ見させてくるのです。 特に、パトロン夫婦役の真風さん&うららちゃんコンビが最高です♡ 専科からのお二人(エリザベス女王の美穂さん、コマさん)のスパイスも絶妙に効いています。 18歳のシェイクスピアのまぁ様の衣装、赤いレザーがかっこ良かったです。 こんなかっこいいシェイクスピア史上初なのでは?! とても素敵な作品でした。

幕間に、席でルマンのサンドイッチを食べました。(たまごサンドが激ウマでした。おうちに帰ってから再現を試みるも、できず…。次回の楽しみに取っとく!)

そしてHOT EYES!!ですが、 まぁ様率いる新生宙組になってからの初めてのショーだったんですね。 んー、とても楽しかったです♡ 主題歌のほったい!ほったい!も飽きることなくずっと聞いてられます! (全国ツアーでも再び観れるようで楽しみです) みりおんが「天使のウィンク」を披露!という懐メロコーナー?なんかもあったりするんですが、宙組テイストになっててそこは元ネタを知らなくても楽しめますし、知ってたらもっと楽しいかもです。

途中、まぁ様と真風さんのまさかのシーンがあって、そこはハァハァしながら見れちゃいますよっ!

個人的に沁みたのは、まぁ様のソロダンス。 ショパンの遺作 ノクターン20番のピアノに合わせて裸足でまぁ様が踊るんですが… バレエを見ているような、静と動の、静の部分を表現しているようでした。 この先、ノクターン20番を聞くたびにまぁ様を思い出す事でしょう。

HOT EYES‼︎に関しては、とにかく、一刻も早く、iTunes Storeで音源をリリース希望!

※7/15に、無事ダウンロードできました♡

宙組 大劇場「HOT EYES!!」

宙組 大劇場「HOT EYES!!」

観劇後は、 宝塚の殿堂に行きました。 宝塚の歴史を知ることができ、勉強になりました。 企画展のところにあった大階段でシャンシャン持っての写真は…恥ずかしくて撮れなかった…(今度は1人でも撮ろうっと!)

帰る前に、大劇場と川を挟んだ反対側のカロスキューマでパスタを食べました。 いろんなジェンヌさん達が来ているであろうお店です。

街を歩くと目に入ってくるんですが、 宝塚の駅周辺のお店には、必ず、まぁ様のサイン入りのシェイクスピアのポスターが貼ってあります。 街をあげてタカラヅカを盛り上げてるんだなぁって、単純にそれが羨ましくもあり、嬉しくもあり、 本っ当にムラは最高だなぁって。 しつこいんですけど、ムラは最高ですっ!! 今さら何を的なこと言っててすみません… とてもいい刺激になりました。 次回のムラ行きが楽しみです。

長すぎた…(。´ωก̀๑) 別記事で書けばよかった…(。´ωก̀๑) 最後まで読んでくれた奇特な方、もしいらっしゃったらありがとうございます…